竹之内耳鼻咽喉科

京都北区 紫野 西陣 花粉症対策 めまい ピアス穴あけ 耳 鼻 のど 睡眠時無呼吸症候群

竹之内耳鼻咽喉科

 

竹之内耳鼻咽喉科

 

〒603-8232
京都府京都市北区紫野東野町1-1
TEL 075-431-8474
FAX 075-431-8474

 

facebook

 

HOME»  耳のトラブル

耳のトラブル

航空性中耳炎

夏休みに飛行機で旅行に行かれる方も多いと思いますが、もし鼻風邪を引いているなら要注意! 鼻風邪のとき、飛行機に乗ると、中耳炎をひきおこす可能性があります。
またダイビングも同様に、鼻風邪のときは、「耳抜き」がしにくくなる上、中耳炎をひきおこす可能性が高くなります。

・唾液を飲んだときに耳に変な感じがある。
・鼻水は出ていなくても、奥に鼻水が溜まっている感じがある。「後鼻漏」
→上記のような症状がある場合は、旅行前に医師にご相談ください。

 

サーファーズイヤー

サーファーの間では、知られた病気です。低水温の海でのサーフィンを続けていること、サーフィン歴が長い等の原因により、鼓膜温度を守るため、生体の防御機構が働き、外耳道が骨性に狭くなってくることをいいます。これは、水泳、ダイビングまたカヤックを行う方にも見られます。低水温でのウォータースポーツを長く続けることで、徐々に外耳道の骨が肥大し、外耳炎、耳垢だけの原因でも、難聴の症状を呈する場合があります。ウォータースポーツの本格的シーズン直前です。気になる方は、受診をお勧めします。

 

耳内異物

耳に水が入った感じが抜けない。そのような場合は、耳内異物の可能性があります。耳内異物は、耳垢、虫、浜辺の砂等様々なものがなりえます。通常の水なら、ほぼ24時間で症状がなくなるはずです。それ以降も症状がある場合、専門医の受診をお勧めします。特に虫の場合、無理に取り出そうとすると鼓膜、外耳道を傷つける恐れがあります。

 

 

たけのうち耳鼻咽喉科クリニック